tel: 03-6427-7446  mail: info@ichigiryu.com
トップページ
一義流気功
一義流気功とは何か?
気功療法家 小池義孝
小池義孝の人生観
筋力補正法
筋力補正法とは何か?
筋力補正法の可能性、期待
新スポーツ整体メソッドとは?
確認する主な筋肉
気付き難い筋肉の衰え
マッサージとの違い
何故、安全なのか?
よくある質問と答え(Q&A)
施術のお申込み
3000円 体験施術
本格施術 60分
来院案内 写真付き道順
筋肉、スポーツ考
腸腰筋の重要性
心身全体から、筋肉を考える
身体を動かす意識
脱力と聖域(ゾーン)

腸腰筋の重要性


・ 末端意識の弊害
 失敗を恐れるあまり、小手先のプレーになってしまう。プロアマ問わず、誰でも経験があると思います。これは普段の細かい作業を、意識を手や指先に向けて行っている事とも関係します。正確さを求められる作業において、殆どの人が、意識を手先の末端(サッカーなどでは足部分)に向けています。体幹部を用いて大きな動作を起こすよりも、出来るだけ小さな動作(小手先)で行った方が、勢いや力強さはともかく、正確性が増すという認識がそこにはあります。

 勿論これが誤りである事は、ある程度できる競技者であれば常識です。体幹部から切り離された小手先の動作は、実に安定性を欠くものです。この不安定さの原因の一つには、使用している骨や筋肉量が少ない事が挙げられます。小手先の動作では、腕や足の末端に意識が集中しています。末端が主動になる動作では、その背後に体幹部という大きな土台がありません。体幹部と四肢との筋力差は歴然で、体幹部から切り離された末端の動きは、必然的に力強さを欠きます。また意識上では得られるはずの器用さにおいても、土台がなく不安定であるために、期待通りにはいかないのです。体幹部が主動となり、その堅固な土台の上で四肢が働くからこそ、安定した器用さも発揮できます。

・ 腸腰筋は、体幹部の中心
 前置きが長くなりましたが、その体幹部の中心となる筋肉が、タイトルにある腸腰筋です。腸腰筋はスポーツ界で注目され、今やその存在がクローズアップされる事は、決して珍しくなくなりました。インナーマッスルという単語も、馴染み深いものでしょう。腸腰筋は、大腰筋、腸骨筋からなる深層筋です。大腰筋は胸椎12番、腰椎1〜5番を起始として、大腿骨内側付け根付近、小転子と結びます。腸骨筋は骨盤と大腿骨の小転子とを結びます。大腿骨を引き上げる動作の他、体幹部を支えて姿勢の維持に大きな役割を果たしています。

 腸腰筋は体幹部の更にその中心ですから、この筋肉をあらゆる全身動作の基本に置く事で、それがより力強く安定したものになります。力強くとは言っても、それは見た目の印象ではありません。むしろ見た目の印象は、どちらかと言うと力の抜けた、軽いものになる場合が多いはずです。これはインナーマッスルが強く働く事で、大腿四頭筋や上腕二頭筋などのアウターマッスルの負荷を減らせるからです。目に見えるアウターマッスルの力みがなくなるので、印象としてはリラックスしたものになります。力みの消えた外側の筋肉も、より本来の機能を存分に果たせるようになります。ですから印象としては軽やかでも、動作の本質としては、遥かに力強いのです。
 バスケットのマイケル・ジョーダンのプレーを見ると、これが同じ人間かと疑いたくなる程の圧倒的なパフォーマンスです。しかしその姿は、終始リラックスして脱力され、力みが全く感じられません。メジャーのイチロー、サッカーのロナウジーニョなど、他者を圧倒するスポーツの天才達は、表面上の筋肉には頼っていません。体幹部の更に中心、腸腰筋の主動を、一つの基本に置いています。

・意識、エクササイズ、環境整備
 腸腰筋を動作の土台、基本として利用できるか否かは、意識の問題も大きく関わってきます。意識を強く持つ事で、より腸腰筋を大きく活用できます。しかし意識をしなければ、ゼロになってしまうわけではありません。動作の根本には、必ず腸腰筋の働きがあります。腸腰筋が弱体化すれば、身体のコアが不安定になります。その上での動作には、力強さ、繊細さ、バランスなど、様々な弊害が出てきます。また激しい運動の負担に耐え切れず、腰痛を引き起こすケースもあります。病的な水準にまで深刻化すれば、歩行自体が困難になってしまいます。

 腸腰筋、特に大腰筋を鍛えるエクササイズなども、多く開発されるようになってきました。しかし他の項目でも再三に渡って言及しているように、筋肉は鍛えれば強くなるわけではありません。そもそも身体全体として、筋肉が機能できる環境が整備されている前提が、何よりも重要なのです。その環境整備が疎かな内に、いくらエクササイズなどで鍛えようとしても、満足のいく結果は得られないでしょう。腸腰筋は身体環境によって、弱体化し易い筋肉の一つです。もし大腰筋を鍛えるエクササイズをされていて、満足な効果が実感できないようであれば、身体環境が足を引っ張っているのかもしれません。



気功療法家 小池義孝のブログ
 ほぼ毎日、貴方の人生に役立つ情報を発信中です。 → 小池義孝公式ブログ へ

まぐまぐ配信 無料メールマガジン
◇小池義孝がお届けする、人生をより力強く生き抜いていくための無料メールマガジンです。メールアドレスを記入して、「送信」を押してください。

Copyright(C)2009 一義流 筋力補正法 All Rights Reserved.
Template design by Nikukyu-Punch