tel: 03-6427-7446  mail: info@ichigiryu.com
トップページ
一義流気功
一義流気功とは何か?
気功療法家 小池義孝
小池義孝の人生観
筋力補正法
筋力補正法とは何か?
筋力補正法の可能性、期待
新スポーツ整体メソッドとは?
確認する主な筋肉
気付き難い筋肉の衰え
マッサージとの違い
何故、安全なのか?
よくある質問と答え(Q&A)
施術のお申込み
3000円 体験施術
本格施術 60分
来院案内 写真付き道順
筋肉、スポーツ考
腸腰筋の重要性
心身全体から、筋肉を考える
身体を動かす意識
脱力と聖域(ゾーン)

身体を動かす意識


・ 阪神タイガース 藤川球児投手が投げる意識
 中心を軸にして回転しよう。ボールをふかさないよう、しっかりと押さえ込もう。腕を振って勢いをつけよう。肩の力を抜こう。など、身体を動かす際には、様々な意識を持つものです。この意識の持ち方次第で、結果が大きく左右されます。状況に応じた適切な意識を明確に持つ事によって、身体はより機能的に動いてくれます。
 阪神タイガースの守護神、藤川投手はストレートが持ち味のピッチャーです。球速は150キロ前後ですから、今のプロ野球界では、それ程珍しいスピードボールではありません。藤川投手を日本屈伸のストッパーにしているのは、スピードに加えてその回転数です。バッター側から見て逆回転するボールは、スピン量が増えれば増える程、浮力が増します。見慣れたストレートの感覚で予測する軌道よりも上にボールがあるために、バットは空を切ります。テレビ観戦では、何であんな高めのボール球を空振りするんだろう? と不思議な場面もよく目にしますが、これはバッターの予測ではストライクゾーンに落ちてくるはずのボールだからです。ボールに与えられた浮力が尋常ではないために、バッターの軌道予測を裏切るのです。藤川投手がストレートを投げる際の意識は、ずばり「浮き上がれ!」だそうです。この意識がボールにより多くのスピン量を与え、あのような魔球とも言えるストレートを投げ続けています。勿論、ボールが念力によって浮いたりはしません。意識の力が、より合理的な身体の動かし方を実現させている好例です。

 ところがその意識の持ち方が不適切であれば、期待通りの結果にはなりません。浮き上がるようなボールを投げようとして、ボールをリリースの瞬間に上に押すイメージを持っていたら、どうでしょうか? 勿論こんな野球選手は存在しませんが、仮の話です。おそらくボールの勢いはなくなり、スピン量も減り、山なりの緩いボールにしかならないでしょう。ボールに浮力を持たせるには、逆回転のスピンを多くかける。この原理を認識していなければ、「浮き上がれ!」と意識したところで、その通りにはなりません。合理性と協調してこそ、意識の力が結果に正しく反映します。藤川投手は、こんな事も言っていました。低めのボールは、浮き上がらせるのに失敗した結果であると。もしこの話が本当であれば、低めに鋭く決まったボールは、スピンのかけ損ねの姿です。力みなどで、リリース時の抜きのキレが鈍った結果でしょうか。

・ 力みが合理性を奪う
 合理性と意識との協調について、更に掘り下げて考察します。野球やテニスなどで、力んで失敗するという場面は、プロでも頻繁に見られる現象です。チャンスボールが来た時に、思わず力が入ってしまう。決めよう、強いボールを打とうといった意識が、力みに繋がります。これは身体の使い方の合理性と意識とが、協調できずに相反する最も解り易い例です。全身に力が入ってしまえば、四肢と体幹部との連動性が分断されます。体幹部のパワーがスイングに伝えられないために、当たったとしても、打ったボールの質は下がります。またそのような硬直した状態では、反応自体が鈍ります。スイングスピードも軌道イメージもずれ、まともに当たらないという事もしばしばです。
 野球でもテニスでも、力を入れて筋力で打つ競技ではありません。身体の捻り戻しと重心移動によって得られる力を組み合わせ、それを道具(バット、ラケット)に伝えて打つ競技です。全身を使う運動ですから、連動性は不可欠です。脱力をしなければ、連動性は得られません。脱力とボールを強く飛ばすイメージとは、一見相反します。殆どの人が、力を入れた方がより強くボールを叩けるイメージを持っています。これはプロのスポーツ選手であっても例外ではありません。脱力した方が質の良いスイングが出来る、より強くボールが叩けると理解はしていても、なかなか完全には抜け出せない現実があります。意識によって合理性が阻害されるなら、そんな意識はない方が遥かに結果が良くなります。不適切な意識が合理性を奪います。

・ 合理性を奪わない意識、促進する意識
 合理性を奪わない意識の持ち方、合理性を促進する意識の持ち方、ここに焦点を当てます。私は趣味でテニスをやっています(下手の横好きレベルで恐縮です)が、そこで意識の持ち方で大きく変わった点があります。テニスのスイングでは、体幹部をメインに使った方が良い事は、どの教習本にも書いてあります。体幹部の捻り戻しがあって、それに腕が付いていくイメージです。ですから従来の私のスイングのイメージは、「身体を捻り戻して、腕を振る!」だったんです。意識の割合としては、体幹部5:腕の振り5程度でした。運動力学の分野から新しいスイングを提唱している人の教えを学び、この意識を変えたのです。体幹部10:腕の振り0の割合です。そのコーチが言うには、腕は全く意識しない位の方がバランスが良いという事でした。実際にその割合に変えてみると、確かにスイングがスムーズで弾道の質も向上します。その日は前半調子よく打っていて、後半になると少し崩れました。気付いてみたら、意識が腕の振りに少し戻ってきていました。
 運動としては、体幹部の捻りがあり、腕の振りがあります。しかし意識を腕の振りに持っていくと、それが強ければ強いほど、体幹部との運動の連動性を阻害してしまうのです。連動性を確保するためには、腕の振りの意識は0位で丁度良いという訳です。実際には腕を振る意識が0に無くなってしまうわけではなく、故意に意識する部分を体幹部に集中させるという事です。腕の振りに対する意識は、無意識レベルとまではいかなくても、潜在的に残り続けます。その僅かに残った意識があれば、腕の振りには支障がないという事実には、驚かされました。物理的には腕を振ってスイングをします。けれど意識ではそれを捨てた打ち方が、結果として運動の合理性を引き出したのです。(このケースでは、説明を簡素にするために、重心移動の側面については省いています)

 どういう意識を持てば、合理性に至るのか? それは残念ながら、万人共通のものではありません。運動に対するセンスは、人それぞれです。現代のテニスのプロのスイングは、一昔前にアマチュアが習っていたものと違います。フォアハンドストロークのフォロースルーは肩の位置と教わっていたのですが、プロのフォローは腰の低い位置に来ます。これはスイングスピードを速くして振り切るのを前提にした、合理性のある動きです。ですから腰の位置にフィニッシュを取ろうと意識をしてアマチュアが真似をしても、同じ結果にはなりません。振り切る意識を欠いては、意味がありません。
 この点について、世の中には才能豊かな人間がいて、かなり驚いたエピソードがあります。テニスは遊びで数回程度、初心者レベルの女性とストロークを打ち合った時です。細かいボールの変化には対応しきれないものの、打点に上手く入った時のフォアハンドストロークが、もの凄い勢いで襲い掛かってきます。見るとそのスイングは、フォローを腰の位置に取ったプロのようなフォームでした。フォローを腰にスムーズに取るには、掌を返すようなパームアウトという動作が必要です。パームアウトでヘッドスピードを加速させながら、強烈なスピンをかけます。このパームアウトによる強烈なスピンがあるからこそ、思い切ったフルスイングでもボールがコートに収まります。なんとこのパームアウトという動作も、きっちりと難なくこなしています。私は驚きを隠せず、彼女に「それはプロの打ち方で、初心者の女の子が出来るような事ではない。どこかで習ったの?」と尋ねました。そうしたら、彼女はなんと、打ち方自体をまるで知らないのです。ただそこに「思いっきり振り切ろう!」という意識があっただけでした。打ち方の形を一切知らなくても、思いっきり振り切る意識が、彼女の運動に合理性を与えていたのです。そして最初から、プロと同じ形に到達していたのでした。これが形を細かく丁寧に意識して打っていたら、同じ結果にはなりません。テイクバックで腰を捻って肩を入れて…… ボールが来たら踏み込んで体重移動をして、手首の形を崩さないように、フォローは前に大きく、パームアウトをしてフィニッシュは腰に…… なんて考えていたら、動きはガチガチになります。スイングスピードが上がる道理はありません。

 合理性を奪わず、促進する意識の持ち方とは、例えばこのようなものです。もっとも普通の初心者が同じ意識を持てば、おそらくは腕に意識が集中して、腕力でラケットを振り回す酷いものになるはずです。彼女のこのエピソードはあまりに特別です。通常は形(フォーム)の認識と意識とを、高度に協調させる段階的な訓練が必要になります。彼女は身体の合理的な使い方について、天性のセンスがあったのです。彼女の意識での振り切る! は、実は体幹部ではなく腕を中心にしたものでした。通常であれば、これは手打ちになってしまいます。けれど彼女のセンスの凄いところは、腕を思いっきり振るためには、体幹部を使わなければならない。と、無意識に自動的に行き着くところです。正しく身体意識が形成されれば、更に向上していくでしょう。
 彼女のような才能とは違いますが、個人的にも、似たような経験があります。自分がサーブの時、バックサイドにいるレシーバーが極端にセンターを空けていました。そこで私はセンターに速いサーブを、更にスライスをかけてバウンド後に相手から逃げるような弾道を打とうと考えます。この時は聖域(ゾーン)に入っていて、素晴らしい集中力と脱力とが兼ね備わった状態でした。イメージ通りのサーブが打て、相手は逃げるボールをラケットの先端に当てるのが精一杯でした。私はこんなサーブは、その時まで、練習でも打った経験がありません。けれど聖域に入ったプレーでは、「センターに速く、スライスで相手から逃げるボールを」という意識だけで、狙い通りの素晴らしいサーブになったのです。これも打ち方の動作を細かく意識していたのでは、絶対に打てません。私にはその実力がありませんでした。その証拠に、同じサーブを狙って打とうととしても、決して実現はできませんでした。これも弾道をイメージするという意識が、運動に高い合理性を与えた結果の一つだと考えます。一般的には「まぐれ」と表現されるものかもしれません。しかしその偶然の中には、無意識に身体が最適な動きを選択する合理性が含まれています。

・ 間違った意識は、運動機能を落とす
 身体を動かす意識を持つ上で怖いところは、人間はそれを度々間違え、身体の可能性を狭めてしまうケースも起こる部分です。歩く事一つにしても、足を動かす起点を大腿骨の頂点、つまり股関節にイメージしている方が殆どです。そのせいで歩幅も狭く、体幹部と連動しない低い運動レベルに留まってしまいます。股関節の上には骨盤があり、その上には背骨があります。歩行する際に、本当は股関節の上の骨盤も背骨も使って連動させているのですが、そのイメージを正しく持てていないのです。インナーマッスルである大腰筋は背骨の胸椎12番と腰椎全体を起点として、大腿骨の付け根内側にある小転子を結びます。つまり背骨を起点として太腿を動かす筋肉です。この大腰筋を正しく意識できれば、足を動かす起点のイメージは鳩尾付近まで上がります。骨盤も自然と柔軟に動き、この可動域も歩幅に加えられるために、一歩一歩が大きくなります。股関節を頂点にした大股歩きは、無理にぎこちない動きになります。しかし大腰筋を起点にした大きな歩幅は、実にダイナミックでスムーズです。

 何故このような誤ったイメージが、形成されるのでしょうか? 身体の構造上の起点は鳩尾付近であっても、足で歩くという印象や認識が濃いがために、イメージで起点を股関節に移動してしまうからです。腕を動かす際にも、同じような誤りがあります。その起点は肩甲骨に取れるのですが、多くの方が肩関節を起点にイメージしています。そのせいで、体幹部と腕との連動性が弱まっています。誤った身体意識の形成は、半ば無意識下でも起こります。人体の構造上、理に適った動きを正しく意識する事が、パフォーマンスを向上させていく前提として重要になります。研究者レベルでもアスリートレベルでも、この分野では、世界中で多くの探求がなされています。身体機能を引き出すためには、理に適った身体意識の形成をトレーニングで引き出すしかありません。



気功療法家 小池義孝のブログ
 ほぼ毎日、貴方の人生に役立つ情報を発信中です。 → 小池義孝公式ブログ へ

まぐまぐ配信 無料メールマガジン
◇小池義孝がお届けする、人生をより力強く生き抜いていくための無料メールマガジンです。メールアドレスを記入して、「送信」を押してください。

メルマガご愛読・解除
 

Copyright(C)2009 一義流 筋力補正法 All Rights Reserved.
Template design by Nikukyu-Punch